月別アーカイブ: 2015年10月

第二回公演のブログ 5

お疲れ様です。高橋です。

全然関係ないこと話します。

まぁその界隈では、
すげぇのが現れたと話題のバンドがいまして(バンドじゃないかユニットになるのか)

いや、僕がスルーしてただけでみんなどれくらい知ってるのかは知らないんですが
僕にとっては記念すべき出会いなんで書きます。

先週まで僕はちゃんとそのバンドを聞いたことがなく
なんならなんとなく女の子ロックなボーカルが苦手な部分がありましてですね。

あ、話それますけど
いよいよ西野カナに手を伸ばしそうな自分がいます、、、

ちょっと街中、コンビニ、カウントダウンTV(勝手に西野の主戦場だと思ってる)耳にするたび
「あれ」「おや」って思う回数が日に日に増えていき、
その「西野曲いいかもななんなら声もいいかもポイント」が僕の中でもうすぐ満期になりそうでして。

だから今聞きたくてホントは仕方ないんですが
もちろん
「これ聞き始めたらいよいよだな貴様感」
があることはいい歳なんでわかりますし、なるべくYouTubeとか見ないようにしています。

でももう明らかに時間の問題です。
ここまでポイントたまったら使うしかないし、もう使いたい!
観てないけど、心が叫びたがっているんだ!

誰かどのへんから聞けばいいか
西野カナに詳しく人教えてください!

すみません。

いや、
西野カナじゃなく
僕が今日これを書いてるのは
とんでもない歌があると言いたくて仕方ないって話で。

アーティストの歌詞をブログに載せる
高校生みたいなことはさすがにしませんが、参りました。

完全にtricotです(あのバンドではなく夢中という意味)

YouTubeの貼り方とか
なんなら画像の載せ方もよくわからないんで文字だけですみません。

今もなおロックがないと生きづらい方涙腺注意です。

今日は

GLIM SPANKY「大人になったら」

という素敵な曲の話でした。

さいなら。

C’mon everybody
高橋褒めろよ一八

第二回公演のブログ 4

またすこし空いてしまいました。高橋です。

さて、
いよいよ
公演の練習が始まりました。
いやでも、台本がまだ数本しか出来てないまぁ通常運転な僕なんですが、通常通り飲みに行ったりはしてます。

あのーすみません。
盛岡後編を思う様書きたいんですが、いかんせん台本が出来てないだろ貴様と恫喝されかねないし、まあ本末転倒になるんで今日はすみません。

あ、公演タイトル決まりました!

「二塁手の恋〜セカンドラブ〜」

素敵です。
完全に寄せにいきました。

断言します。
クロスプレイで生まれる恋もある。
タッチアップで終わる恋もまたしかり。
インフィールドフラ….やめましょう。

今回は短くてすみませんがまた。
絶対に書きます。

C’mon everybody
高橋ウェーバー式一八

第二回公演への道ブログ その3-2

結局ですね
サモア戦が思いのほか素敵な内容だったもんだから、僕もまた思いのほか飲みすぎてしまいまして、そのまま泥のように床に寝るという、まぁ安定のスタイルで深夜4時に目を覚ましました。
おかげで、後編今からです。

えー
いや、フジロックが良いなとか一人暮らしは寂しいとか、その話をしたいわけじゃないんですよ。

連休に盛岡に行ってきた話です。

フジロック行けない腹いせになんかしらフェスいかねーと気が済まないなーって。
外で酒飲まない夏とかやだなーって。

でもですね
フジロックを上回るフェスってこの世に存在しないんですよ!(あくまで個人の感想です)

そこにナイスな案が浮上しました。

僕、岩手盛岡に友達が住んでまして、会いに行くぜ プラスその連休
盛岡駅から岩手公園周辺で
「いしがきミュージックフェスティバル」っていう、なんと無料の素敵なフェスがやってるぞと!これだな!と。

そして奇跡的に仕事のシフトもなんとかなり(もちろんゴリ押しだったことは内緒だよ!)

いやー新幹線乗るの10年ぶりぐらいだし、ましてや東北はじめてなんでワクワクだ!
まぁそのせいか出発前日は、興奮で全く寝れなくて、思いのほかまたお酒を飲んでしまいました、、、

出発前の東京駅でゆっくり駅弁でも買ってね、あとあるじゃないですか新幹線と言えばあのあったかい緑茶。ビニール出来た容器でふたがカップになるやつ。とか、要らないけど冷凍ミカンとか買いたいじゃないですか。

なのにまぁ寝坊ですよ。飲みすぎです。

新幹線ギリでした。
僕だけですよ、新幹線車内ではぁはぁ言ってるの。汗すげー出てくるし。

しばらくするとですね、隣のおばさんが待ってましたとばかりに駅弁を広げはじめました。
チラ見ですが牛タン弁当ですねあれは。

そうだ!
今のは見なかったことにしよう。
そう決めて窓の外をひたすら見続けます。

列車は思う様進み、あっというまに仙台。
そして牛タン弁当おばさんは、すみませんつって降りて行きました。

……待って。

仙台で降りんのに牛タン弁当食べるかねしかし!

あやうくわけのわからないトラップにひっかかるとこでした。
盛岡vs俺 ゴングは鳴っていました。

そしていよいよ盛岡駅。

もちろん腹ペコです。
事前にその友達から盛岡冷麺の有名なとこを聞いてますから、改札出ていきなり向かいます。

歩くこと2分。
盛岡冷麺の聖地
その名も「ぴょんぴょん舎」

「ぴょんぴょん舎」

「ぴょんぴょん舎」

……攻めてるな盛岡。

「店名にぴょんぴょん舎だと、、素人ではそんなとんちの効いた名前つけれらまい、、、さては玄人。いやはたしてその名に意味はあるのか?それともまた俺を挑発してるだけなのか?」

屈辱の0勝2敗。
盛岡vs俺 また書きます。

C’mon everybody
高橋結局すげー行列でぴょんぴょん舎は食べれなかったよ一八