月別アーカイブ: 2016年8月

ギブソンエクスプローラー

前回からの続きです。

バンコク国立競技場近くの安宿街につきましたわたくし高橋。

とりあえず腹が減ってたんでその通りにあった屋台でタイラーメンを食べます。

ラーメン屋台でいつも思うのは
なんか具材だか麺の種類だかを自分で指差して選ぶんですが、いざ出来上がったラーメンは毎回、自分の思い描いた通りのラーメンとは必ずちょっとずつ違うような気がしないでもない。ということで。
出来上がったラーメンを見ては「あ、今回こんな感じなんだ」っていつもなります。

プラスなんかナンプラーだか砂糖だか唐辛子とかのあなた好みに味付けしていいやつのさじ加減がいつまでたっても何が正解か解らないでしょ。

で結局行き着いた答えが
「麺の種類がどうだとか具材がどうだとかよく知らんが何が出て来ても何入れても美味い!ってことは、自分好みとか洒落臭いわ!」ってなるんだなって結論に落ち着きました。

だもので、車の排気ガス全開の通りでラーメンをかきこみ、明らかに純度100%のタイランド水道水をこれまた純度100%のタイのおばちゃんが手で洗ったプラスチックコップで胃袋に流し込む。「いよいよ来たなータイに!」ってなる瞬間ですね。

一方宿はと言えば
以前にも何回か宿泊した宿に決めたわけですが、懐かしいヤモリさんが部屋の天井に張り付いてのお出迎えをしてくれてましてありがたい限りです
(もう自分も40過ぎてるしいい加減いいよお出迎えは。できたらって言うかお願いだからよそに行って!とはさすがに贅沢でしょうか?)

相変わらず屋外が暑い分クーラーだけは絶好調の国。
気を抜くと暑い寒いの飴とムチ作戦に身体あっさりやられますからね。

つっても、「一枚羽織る物用意」なんてOLさんみたいなことは
「なんかかさばるからなあ」というあいまいな理由で自宅の時点で却下してるこちらとしましては、暑っ!寒っ!の無駄なせめぎ合いを余儀無くされます。
というか、
もともとタイランド側からすれば
「一枚羽織る物無しとは、貴様ヤル気か?」という話でしょう。

でもね、いらないんですよ。
だって、「なんやかんやなんとかなるだろうし」

という生粋の面倒くさがり思考がゆえ
何回も腹を壊してさんざん現地で風邪も引いてきたのに全く学ぶ気もなくましてや
思うほどには若くはない僕は早々に街に繰り出すでした。

次回
「バスの路線図持ってくの忘れたから勘でバスに乗ったら、見事に見たこと無い場所に着いて近くの超高級ホテルのフロントで場所聞いたら
お客様短パンでのご入場はお断りしております。と丁重に追い払われた件(でも場所は丁寧に教えてくれたよ)」
をお贈りします。

いいペースだ。
ではまた。

高橋一八

おくらばせながら

先日シン・ゴジラを観み行き、御多分にもれず非常に楽しんだわけですが、そうなるとやはり観た誰かとああだこうだわいわいと言いたくなるものです。

だもので、おそらくは観てないであろう勤務先のアルバイトさん(大学一年生女子)に一か八か話をふってみたわけなんですが。

そうしたらですね
観てないならまだしも
「シンゴジラってなんですか?」
とかえってきたのにはさすがに腰が引けました。
しかしまあ「女子だし大学一回生だし、そんなこともあるわな。かわいいものだ」と気を取り直して続けます。

高橋 「では大学一回生の女子よ、周りのボンクラ男子共はさすがに騒いでいるのではないか?」

女子 「馬鹿か貴様そんな奴などおらん」

高橋 「、、まったくか?」

女子 「しつこいぞ。武士に二言は無いわ」

こんな口調では全然なかったし彼女は武士でもないのですが、概ねこんなやりとりでした。

そんな彼女
全く映画を観ないとかそんなタイプではないとのこと。先日も映画館に行き別の邦画「青空エール」を楽しんだと。

結局何が言いたいかというと
「青空エールとかいいから、今はあなたシン・ゴジラ観なさいよ!」と一瞬口をつきましたが
さんざんっぱら、青空エールの延長線上にあるであろう「ちはやふる上の句」のことをこのブログなどで書き散らかした僕に言えることはと考え
気がついたら
「シン・ゴジラとかいいから、今あなた
ちはやふるを観なさいよ!」
言い放っていました。

という非常にホッコリしたいい話(個人差あり)で今日も順調に始まりました。
こんばんわ。高橋です。
タイランド旅行記続けます。

ちなみに、通貨レート1バーツ何円とか場所の名前とか全体的に「まあ大体こんな感じだったかな」で話は進みますのでざっくりお楽しみください。だって記憶もざっくりだから!

〜〜〜〜〜〜

なんやかんやで
現地時間14時ぐらいに無事バンコク・ドムアン空港に降り立ちましたわたくし高橋。

もちろんここから街の中心に向かうわけですが、そのアクセスには様々な方法があるわけです。

初めてバンコクに降り立ったおよそ20年前から僕のアクセス方法は、運賃4.5バーツ(1バーツ3円とする)エアコンなんかない国営の路線バスと決まっていました。

なぜなら僕らの世代は泣く子も黙る沢木耕太郎世代。世に言う「深夜特急」世代です。

つっても、僕なんかは後追いタイプでなんなら
テレビの「大沢たかお版深夜特急」から入った新参者ではあります。

青年沢木耕太郎がそうしたように
20数年前は青年高橋一八も一番安い路線バスで街に向かうことが憧れだったわけです。

以来、いちいち停留所に泊まりながら中心まで1時間半ぐらい費やす路線バスで街に向かうのが定番になりました。

で今回。

その路線バスの停留所は空港からグゥーと下に降りたとこにあるわけですが、
空港を出てすぐにはいい感じのリムジンバスみたいなのがありまして、、、

乗っちゃった。

90バーツのエアコン効いてる空港から中心までノンストップの快適バスに。

「ああいよいよ自分も年をとったのだな」と改めて痛感しましたよ、、、

だって快適だもん! 90バーツって300円しないんだもん!

20数年前当時
国営路線バスは青いカラーのバスでエアコンあり6バーツ。
赤いカラーはエアコンなし4.5バーツのバスでした。
いや多分カラーはいまでも変わらないんですが、値段上がってましたね。

それはいいんですが
なんなら僕はいままでのタイ旅行で
エアコン有りには乗らずエアコン無しが来るまで停留所でひたすら待ったりするぐらいの誰も望んでない過酷さをを好んでいたんですね。時間だけはあったから。

しかし、初めてリムジンバスに乗っちゃったのね。

そんなこんなで
少しの罪悪感と多くの快適感を抱えながら
バンコク中心部にバスは到着しました。

まず何をするかと言えば、もちろん宿を確保です。

話は変わりますが
バンコクには世界各国のバックパッカー御用達の安宿街 カオサンストリートというのがありますよね。

今では有名になり過ぎ
その地域の物価も宿代もかなり上がりましたが、当時はまだまだ格安でした。なにもかも。

でもねー、当時からあそこあんまり嫌なんですよね。

世界を見たいはずの
バックパッカー達が朝から晩まで欧米チックな雰囲気の?タイにいるのにタイ要素は20%ぐらいでいいから遊んじゃおうよ!みたいなノリが苦手でした(好きな方すみません!)

とは言いつつ
僕もカオサンストリートには行かないまでも
それなりの安宿街には泊まります(どないやねん)

バンコク中心部の国立競技場近くの安宿街。

まあカオサンの次に有名な安宿街ですが
僕の古くからの友人がタイ好きで
ちょっと高めだがカオサンより落ち着いてていいよと当時教えてくれた場所です。

で、今回もその場所へ向かいます。

いやー、増えてましたな宿が。その一帯。

あれ?

全然話が終わらない。

まだバンコク着いたばかりなのに宿も決まってないのに。

というわけで
完結編は完結しないのでありました。

もう、次で終わります!とか怖くて言えない、、、

まだまだ終わらないけどいずれ終わります!

すみません、、、

皆さんは知ったこっちゃないとは思いますが
今僕は、更新すること自体非常にモチベーションがあります。

「全く楽しみにしてなかったが
うかつにも意外と楽しめたな、、」
ぐらいの内容でこれからも更新しますね。

またすぐに。

高橋一八

通り過ぎる夏とか一切認めない

ネイマール選手の感動的な涙で
無事に閉幕しましたリオオリンピック。
本当に「無事」という言葉がふさわしいと思うんですね。

「他の競技はまあ許すが、最終的にサッカーだけはブラジルが負けるとか、死んでも許さねえからな!」
というブラジル人の、
いやひいては
リオオリンピックの一番の命題に辛うじてでも辿り着けたのでホントなによりです。

とはいえ今回のケース。

「え、そんな泣く?」
とネイマール本人以外誰一人としてネイマールではない僕たちネイマールじゃない側の人は疑問に思うはずです。

ネイマール以外ネイマールじゃないの。
ということなんですが。
当たり前なんだけどね。

いやあれは歓喜でも何でもなく
「ああ、
殺されずに済んだああああ、よかったああああああ!!!」
と考えるのが自然ではないでしょうか。

あれ負けてたら地獄絵図ですよ。
大荒れでしょうブラジルの方々。
この前、目の前でボロクソにやられたドイツだしマラカナンスタジアムだし。

なにより、リオはみなさんご存知
あの映画「シティオブゴッド」の町です。

リオと言えば
ブラジル版仁義なき戦いとして名高いシティオブゴッドの町という
ものすごく偏った認識の狭い視野で考えるのが今回は自然だと思います(極端)

いやー良かったねネイマールJr.!

突然ですが、ここでお詫びをさせてください。

誰にかと言えばもちろん
石川佳純選手にです。

前回のブログで
カスミちゃん頑張ってね!とか
愛ちゃんカスミちゃんをフォローしてね!
とか偉そうに書きました。

本当にすみませんでした。

女子団体の石川佳純選手の鬼気迫る活躍。

「カスミちゃん大丈夫かな?無理しないでね。日本から応援してるよ!」
などというある種、上からの発想。

僕などの心配などいらんのです石川さんは。

日本で
それなりに働いてそれなりに遊んではお酒を飲んで笑ったり、たまにこんな駄文を書き散らかしては満足気に寝る。といったそこそこ楽しい日々を送ってしまっている僕なんかは頑張れ!ではなく、その生き様を背中をしっかりと見つめるだけで充分なのです(これも極端)

僭越ながら一言だけ。

本当にお疲れ様でした。

ちなみに、
団体戦で愛ちゃんにアドバイスしたかなんかで退場させられた石川選手の
コートから離れた場所で
応援する姿の愛らしさが、もちろん今回の一番のトピックスというのは言うまでもありませんよね。

いろいろ言いましたが
井上康生のヘアスタイルも
すっかり柔道競技が終わるころには伸びきってしまい
せっかくのアシンメトリーな髪型が台無しになってしまっていたのは
もちろん計算内です。

だってほら、あんな髪型誰でも一回は
やれば出来るけど(やるかどうかは別問題)やっぱりそれをキープできるかがオシャレかどうかなんじゃないかなと
坊主頭の僕は考えるのでした。

とはいえ、
ものすごく弱小だったと言えど
野球部出身の僕としては(軟式野球部だったのは内緒)東京オリンピックでの野球の活躍に期待しています。

ブラジルでいうサッカーが日本でいう野球でしょう(個人の感想)
あ、アメリカもそうか。

でも、東京で負けるわけにはいかない。
セレソンがマラカナンで負けれないように。

あと心配なのは
白井健三は
いつ内村航平みたいに落ち着いた感じになるんだろう?ということぐらいです。
だって明らかに2020年はエースですよ。

いつまでも童貞感が溢れ出る
愛嬌キャラでは示しがつかないのではないでしょうか。

でもすごいからなあ。

もしかしたら
あんな感じのままの人懐こいままの
五輪チャンピオンがいても面白いかもですね!

オリンピックの話ばかりで
スポーツ興味ない方は
いつもにも増して何言ってんだコイツ
感が強調されたお話しになりましたが
次回からは改めて。

予告
「ヤクルトスワローズ山田哲人はめちゃくちゃスゴイんだろうけど
ソフトバンク柳田やDNA筒香ほどには
見た感じからしてわかりやすくスゴさが素人にはわかりづらいが実際スゴイ選手なんだなの件」
をお贈りします。

嘘です。
さすがにスポーツ関係は当分お休みとします。

次回は
タイランド旅行記完結編!(よっ待ってました!みたいに書いてすみません)
期待してなくても終わらせます。

ではまた。

高橋一八