月別アーカイブ: 2016年6月

レニーロイン

いきなりですが
話し声のボリュームがデカい人っていますよね。

「この距離でその音量だと、、、貴様正気か?」と耳を疑いたくなるような
もしくは
「罠なのか?これは何かの罠なのか?」
と周囲を見渡しまた疑いたくなるくらいセンセーショナルなボリュームの方って確実にいます。

そんな方々、ナゼか知り合いとか友達にはあまり見当たらないのですが、街にはよくいたりしますよね。
喫茶店とか若干カジュアルな居酒屋(愛すべきチェーン店)とかにいがちです。
まー一般的にお酒が入ると声は大きくなるというのはありますが、
しかしそういったフレキシブルタイプではなく
ナチュラルボーンタイプの方々の話です。

しかもその御大がですよ、もしも若干カジュアルな居酒屋(愛すべきチェーン店)なんかで我々の隣に座った日には
そりゃあ気になって自分達の会話に集中できなくます。
正確にはそれどころじゃなくなります。

なんなんでしょうね。
あの、
もちろん僕達も会話はしてるんですが、確実に隣の声デカ兄さんの話の方が頭に入ってきちゃう感じ。
そして次第に自分達の話が上の空になっていくあの感じ。

「いやマジ、チョーおもしれーことあったのよ(声デカイ)」から始まる
言うほどには面白くはないであろう話が何ゆえ気になってしまうのか、、我ながら情けない。

それよりもですね、
まず彼に言いたいのは、
話をする前にチョーおもしれーとか言っちゃダメ絶対ってこと。そんなんイロハのイですよと。

「自らハードルを上げて話しだすのは非常にリスキーですよ!」
と言ってあげたいところですが
声デカ兄さんは気にしません。
そんなハードルとかガンガンなぎ倒して話し続けます。
お話し界のアレンジョンソンです。
みなさんご存知アトランタオリンピック金メダルハードルなぎ倒し男あのアレンジョンソンです。

でも一番危険なことは
話し言葉がデカイと馬鹿っぽくに見えますよ気をつけて!ってことです。

実際にはインテリだとしてもただ話し言葉がデカイだけで浅はかに見える不思議。
又吉とかあれ声デカ兄さんだったら芥川賞取ってないですからね。

あと危険なのは
外国人グループ数人に1人日本人がいるみなさんご存知あのパターン。

なんか山手通りとかでよく見かける
「確かにオープンカフェなんだろうけど、そこからの景色、工事中の現場だよ!」
といった場所にいそうな
グローバル声デカ日本人の方です。
何を日本で外国の方々相手に外国語で話し得意になっているんだと。

で結局
「絶対日本語話す時そんなボリュームじゃないじゃーん!外人グループの中にいれてテンションあがってんのはわかるけどさ、声デカイから!てかあかさまなイイ発音とかうっさいからね!」
とかひねくれてる僕は思っちゃうパターンのやつです。

ん。

まぁいろいろ書きましたが実際にはそこまで気になってるわけではなかったりします(どないやねん!)すみません。
実際はもちろん知りませんが
あーなんだかデリカシーなさそうな人に見えちゃうよなーとか思うくらいで特に、ね。

あ、そういえば昨日素敵な事がありました。

なにやらマッドマックス好きの友人が僕のブログを読んだらしく
「ちはやふるってマッドマックスなんでしょ?観に行くわ!」
って非常にまっすぐな目で言ってました。

「んなわけはない」とは言えなかった。

しかもそれが武蔵野HAMBURGのエース役者(同級生)だということ。

何が素敵かって
「やっぱりマッドマックス好きに悪い人はいないんだ」
ってことです。

あー梅雨やだなー。

高橋一八

ホエンダブズクライ、その1

こんばんは高橋です。

今夜ももちろん無駄話から入りますが
最近ですね、嬉しい知らせと悲しい知らせを同時に聞いたよという話なんですが。

嬉しい話とはそう
「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」の映画化ですよね!

僕の愛読書であるところの週刊SPA!(最近はなんだかなぁ、、とは少し思いますが)に途中まで連載されてたまぁあんまり漫画読まない僕ではありますが、はっきり名作です。

それが去年?だっけか、いよいよ単行本化されまして
なんなら買ったその日に3回連続で読むというちょっとさすがにそれはいかがなものか、と自分で思うくらいの漫画なんですね。

それがまさかの映画化ですよ!

いやまさかではないな。
だってサイコーだから、そりゃ映画化もするでしょう!ありがとうございます!

というのが嬉しい話。

で、悲しい話はその
「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」のヒロインが水原希子だと知った時です。

…,..

いやもちろん公開初日には何を置いても駆けつけるし、監督の大根さんは信頼しております(なんだか上から)。

でもな、、、

水原希子って、なんか、あれじゃないですか。ねぇ。

…まぁいいか。

なんか知った風な口を叩きそうなんで、この話はここで止めましょう。
とにかく期待最大で観に行きます!
よろしくお願いいたします!

閑話休題。
じゃないよ!
本題です!

去年のタイ旅行の話(去年て!)なんですが覚えてるかな(僕自身含めて)。

もちろんおさらいなんかはしないけど
もちろん
去年の3月あたりの前編ブログを読むことをオススメします。

はじめます。

高橋

まっくすもんあむーる

こんばんは高橋です。

えーと前回
とりあえずちはやふる上の句の話をしたので、順調なら今回は聞きたくもない下の句の話をされるのか、やれやれ…と思いますよね?

そんな甘くないですよ。
僕まさかの下の句観てないし観る予定すらないんですから。

なんなら上の句を繰り返し観ることをオススメします。

それはなぜか?

えーと、突然ですがここで
「ちはやふるほぼマッドマックス説」
を唱えます。

水曜日のダウンタウン的話題にになりましたが、
のっけからみなさん、ついてきてください!

いや要するに
ストーリーどうこうよりマッドマックスちはやふる上の句共に
ある種「体験」と言っていいんですね。

マッドマックスを観ていない人なんかこの世にいるわけがないので非常にわかりやすいと思いますが、「広瀬すず=イモータンジョー」ということは一目瞭然なわけです。

イモータンすずの前では僕らは言わば
ウォーボーイズですよ。

スクリーンに映るイモータンすずの前に
僕らウォーボーイズは両手を頭の上でクロスに組み叫ぶしかないのです。V8!V8!と。

そして、すずータンジョーが乱暴に吹き付ける銀のスプレーを口元に浴びては恍惚の表情を浮かべるわけですね。

「いや、広瀬はイモータンジョーではなくフィリオサだろ!な、みんな!(ビヨンビヨンした長い棒に揺られながら)」
という声もわかります、
しかしですね
美しさに騙されてはいけません。

思い出してください!
イモータンジョーのあの強烈な統率力、クレバーさ、リーダーシップ、飴と鞭のさじ加減。
イモータンの為ならウォーボーイズは皆喜んで散っていくんですよ!V8!V8!

…….
なんの話ししてんすか俺は。
すみません。

全然前に進まないのでまとめますと
マッドマックスは生涯何回も観るべきものだから、ちはやふるも上の句だけ何回も観ればいいじゃん!てことなんです。

てことで
本題に入りましょう。

初めてアイドルライブに行った話をしようかとも思ったんですが、
不本意ながら広瀬すずからのマッドマックスのイモータンジョーの話しになってしまい
ここで℃-uteのライブ話をしてしまうと
いよいよ僕のパブリックイメージも危うくなりかねないので、一回ノーマルな話題に飛ばさせてください。

だもんで
いよいよ次回!(終わんのかい!)
タイ旅行の話後編はじまります。本当にはじめます。今週中にはなんとかお目にかかれるはずです。もう休んだりはしないです!

お疲れ様でした。

高橋V818