月別アーカイブ: 2017年2月

らららららんど、らららんど。

前回からだいぶ空いてしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

なぜにこんなに空いたかというと、
そんなの「マジでおっくうだった」
としか言いようがなく、年始に今年は100回書くぜみたいな威勢のいいハッタリを効かしたはずが、まあ案の定、自分の身の丈以上のハッタリだったものですから、まあ許してつかあさいとしか言いようがないわけです。

まあ、あと理由らしきものがあるとするならば、R-1ぐらんぷり一回戦に出たからとかも、あるにはあります。

もちろん、そんなのは1月初めの話しだし、箸にも棒にも引っかからなかったわけですから、わりと時間はあったんですよね。

だもんで
今回はそのR-1ぐらんぷり挑戦惨敗記みたいなの書こうかとも思ったんですが、絶対長くなるやつだから迷いますわあ(こたつでポンカン食べながら)

それよりも今言いたいのは
前回の「かずや、C°-uteライブに行く」がはじまってしまったのだから、ある程度そちらも気を配らないと取っ散らかりますよね(通常運転)

その「ベイブ、都へ行く」みたいなノリではじまった「かずや、C°-uteライブに行く」ですが、前回のブログ書いた後に、あのC°-ute推し△△さんと仕事が一緒になったりしまして、「こいつは丁度いいや!C°-uteのことブログで書きましたよ△△さん!」とか言いつつ年始の挨拶がてらご機嫌でも伺おうかなとか、なかなかの打算感でお話を切り出したわけです。

僕 「前回のブログ見ました?」

△△さん 「…ああ」

僕 「いやあ、C°-uteの話、はじまっちゃいました!まあ、△△さんとかわりと誇張気味におもしろで書いちゃいましたけど、ははは。さーせんす」

△△さん 「おい、そこの正月太り」

僕 「いやまあでも、C°-uteの魅力みたいなものがね、うまい具合に伝わればいいかなあって。あ、そういえば、C°-ute、解散するんすか?」

△△さん 「……」

僕 「あれ…なんだか、おむずかり、のご様子かな?」

そんな△△さん、気がつけば僕の目の前30センチまで無言で到達していました。

次の瞬間。

「スコォーーン」

まさかの△△さんの右足が僕の左脛に飛んできました。

正確に言えば、△△さんの履いている鉄の板が入ったかっちかちの安全靴が僕のむき出しの左毛づねの骨に的確にヒットしてたんですね。

僕 「……」

△△さん 「……」

僕 「……」

△△さん 「……」

僕 「ウワアーーーーーーーオ!!」

まあ分かりづらいかもしれないので解説しますと、
カートゥーンアニメ ロードランナーの敵役ウイリーコヨーテが相手に落とす100tと書かれたデカイ重りを誤って自分のつま先に落としてしまい、何が起きたか理解するまでの一拍あってからの、あの「ウワアーーーーオ!」とだとおもってください(トムとジェリーのあの場面に置き換え可)

僕 「ひ、ひでえや!正月早々とんだお年玉だああああ!」

△△さん 「ピーピーピーピーうるせえな!トンボか!」

僕 「………」

△△さん 「………いや、ピーピーピーピー、長渕のトンボか!つって」

僕 「………いや、僕はトンボではないと思いますが、え、僕、トンボなんすか?」

△△さん 「…お前、なんかきらい」

僕 「もお、なんなんすかあ、わけわからんすわああ」

△△さん 「C°-uteって書いたな」

僕 「はあ!?なにが!!!?」

「スコォン」
また安全靴が飛んできました。

僕 「アウチッ!!!いや書きました!書きましたけど、なんなんすか?」

△△さん 「丸が違う…」

僕 「まる?」

その時、△△さんの背中の龍がシャツの下から浮かび上がり、同時に両肩から湯気が立ち登り始めました(筆者イメージ)

△△さん 「だ、か、ら、キュートの丸の位置はCの後じゃねえ!キュートの丸はCの前。すなわち「°C-ute」と表記するのが、まったくもって正義。それがなあ、オフィシャルだあああ!」

そして、
△△さんの怒りは頂点に達し、ハルクばりの緑色の身体になりましたとさ。

次回 「そっちがハルクならこっちにも考えがあるからな!」

〜〜〜〜〜

…言わんこっちゃないでしょ。

ほっとくとこうなるんですよ。

思いつきだから全然本筋が進まないならまだしも、急に謎の風呂敷を広げちゃうタイプですよ。

まあ、楽しくなってきたんでたぶん次回も続きます。

またすぐに。

高橋