歩いて、車で、スプトニツ子

こんばんは高橋一八です。

5月も半ばを過ぎまして
まず言いたいのは
とにかく今年は映画を観てないわけですよ。
まぁ家ではDVDなんかは観るんですが、いや、そうじゃないだろと。

何がって、アナ雪現象ですよ。
みんなシンガロングなんですよね劇場で。
実際シンガロングしたいわけじゃないんですけど、なんかその現場を見てみたいのはありますよ。
そもそも僕はレットイットゴーなる歌を奇跡的にまだ耳にしたことないんですよね。

レットイットゴーと言えば、そら僕ら世代はラウドネス一択です。
それはもうそうなんです。

高崎晃がメタリカに誘われて断った話をしましょうか、興味ないですか。
じゃあ、ラウドネスが富士急ハイランドでライブしたら音がデカすぎて長野県から苦情がきたとかも聞きたくないですか。

話は変わりますが、僕には一つ下の弟がいます。
彼は今スペインにいるんですが
日本料理屋で働きながら、スペイン人と多国籍なバンドを組んでドラムをやってるんですが、
なんかデビューするとかしないとかになってるやも、なんてことを母が興奮気味にはなしてまして、
何が言いたいかと言えば
なるほど親孝行も色んな形があるんだなと妙に納得しているよということなんですが。

いや、違う!
彼はですね、ラウドネス命の男だったんですよ。皆さん御存知樋口宗孝モデルのドラムキットを高校生で買うぐらいの。
ちなみに僕は弟に憧れてドラムを始めました。
もちろん長髪にブラックでスキニーでタイトで666なジーンズを彼は愛用してました。
もちろん彼の愛読書はBURRN。
酒井こう(どんな漢字だったっけ?)
と正則伊藤の申し子。
毎月巻末のレビューの点数を見ては一喜一憂して我々兄弟は、、

いや、ちょっと待ってください!
僕はこんな話を書くつもりだったのか!
軽く書き始めてだ
なんとなく映画の話をしてだ
流れで弟の話になり
となると、
もう兄弟の歴史になりますよ!
いや、そうなると話止まらない気がして今
ふと我に返りました、、

中学生の時、土曜夜中に二人で起きて親にバレぬようラジオをつけ
アメリカンTOP40を聞き、ランキングをノートにつけてたことやら
みなさん御存知花小金井駅前レンタルレコード エアポートでダビングしたことなど。
誰も聞きたかないでしょうが、
必ずまたの機会に。

今日のブログを見たうずまきの彼ならきっとこう言うでしょう。
にんともかんとも。
ではまた。

高橋一

ライフウィズビューティフル

こんばんは高橋一八です。

さっそく2週間も更新しないというスムーズな滑り出しで始まり、もっとも今こうして書いている理由も
そろそろなんかしら書かないと、オレやんなっちゃうな
という至極後ろ向きな積極性からなんですね。すみません。

まぁ桜ですよね
始まりの季節の象徴というか
普段特に何か始めようとか全然思ってない人も
なんとなくだけどなんか始めたい気分オレ!
と絶対やらないんだろうなこの人
という人も包み込む優しい雰囲気がありますよ。

そんな僕も、ダイエットというわかりやすいやんなっちゃう代表みたいなものを始めようと今決めてみました。

というのもですね、公演終わってそれは緩んでるわけですよ文字通り体も心も。
さすがにいかんなと。

失恋でもすれば早いんでしょうけど、
ダイエットの為にその選択肢はリスクが大きい。いい歳ですし。

だもんで、とりあえずビールをやめてウーロンハイだけにしてみるという
スムーズな移行から初めてみようとウーロンハイ飲みながら書いてます。

次回公演予定は12月です。
もちろんこれも桜の季節がそう言わせていたんだぜと
12月出来なくても叱られない保険と共に。

話は飛びますが、ブログに空の写真とか猫の写真とかのせたくなるんですかね。春だし。
知らんがなとしかいいようがないあの感じです。

すみません、そろそろ次のウーロンハイ来るんでこの辺で。
もちろんまた書きます。
よろしくお願い致します。

高橋一

はじめます。

こんばんは
高橋一八です。

せっかくなんでブログなるものを初めてみようと思いたち書いています。

しかしですね、書き始めてみてわかったんですけど、
今のとこ武蔵野HAMBURG的なトピックスはないんですよね。

もう少し書くことを決めてから書くべきだということがわかったので
それはブログを始めた収穫です。

「いや待て、そもそもブログを書くというのはそういうことだからわざわざ書くな」
と言われればごもっともな話です。

しかし、はたしてそうでしょうか?
自分の価値観を押し付けてはいないですか?

書きたい時に書く。
これが本来のブログの姿だと僕は考えます。

では、書きたい時とはいつだと言われれば
「そんなもの書くことがある時に決まってるではないか」
とあらためて言いたい。

中には、反対意見もあるでしょうがその答えは次回公演で必ず。

そうとう適当な事を書いてきましたが
これもブログの魅力ということがわかったし、
これからブログ始めようかなと
書くこともないのに悩んでるみなさんの苦痛を少しでも和らげられたのなら
「ほぉ意外とブログも悪くないじゃないか」とまた収穫ありです。

また書くことあったりなかったりしたら書きます。
よろしくお願い致します。

高橋一

劇団 武蔵野ハンバーグの公式サイトです